2010年04月24日

ヒドイ負けをやってしまいました↓↓↓。

自作EAでヒドイ負けをやってしまいました。週末だというのにテンション↓。数パターンの損切りをプログラムしてあるので、注文時のStopLossに当たることは滅多にないのですが、4連で手痛いマイナスをもらってしまいました。逆張りナンピンスキャルの悪いところが見事に出ています。

20100424SL.png

ほぼシステムトレードしかしないので、指標には疎く何事なのかと思いましたら、ギリシャへの支援に関する発言があったらしいですね。そういえば、オバマ大統領就任の時にも手痛い連敗をしたことを思い出しました。


posted by *一ノ泉 at 16:38| Comment(0) | トレード結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

スプレッド比較サイト

知っている方も多いと思いますが、MT4対応ブローカーのスプレッドをリアルタイムで比較してくれるサイトMT4 SPREADSさんです。

中にはとても狭いスプレッドを提供しているブローカーもありますが、本当に大丈夫なのでしょうか。あまり長くないトレード経験の中でも、酷いブローカーに当たったことがありますので、スプレッドだけでブローカーを選ぶと痛い目に遭うのは分かっているつもりなのですが……。FXやっていると使いもしない口座が増えていきますね。
posted by *一ノ泉 at 23:01| Comment(0) | ブローカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

資産量に応じてトレード額を自動設定する機能(MoneyManagement)ってどうなの?

連勝が期待できるEAにはとても有効です。勝率66%を超えているようなEAでMoneyManagement機能を有効にしたバックテスト結果は、まさにうなぎ登りです。こんな感じでしょうか。

20100414TesterGraph.png

すでにピークは過ぎたと思いますが、ヨーロッパ圏通貨ペアでアジア時間早朝に数多くトレードするようなEAでは"$1,000をたった半年で$1,000,000にした。"というような売り文句がたくさん見られました。高勝率でかつ数多くトレードするEAではそのようなバックテスト結果も出せます。

逆に勝率が低く、細かく負けて稼げるときにがっつり稼ぐようなEAでは、MoneyManagement機能の効果は微妙です。連敗するたびにトレード額が減ってしまい、いざたくさん稼げるようなチャンスが来ても、たいていの場合は直前のトレードに負けてしまっていて、その負けトレードより少ないトレード額で勝負しなければなりません。また、トレード回数が少ないとトレード額を増やすタイミングもなかなかやってきません。

そのようなEAでは単純に資産量の何%というトレード量の決め方よりも、勝てるまでは同じトレード量という資金管理の方が良いのかもしれません。……なんて、自分はそのようなEAで良い物は作れていないので、資金管理の方法を考えるまでに至っていないんですけどね。。
posted by *一ノ泉 at 22:56| Comment(0) | EA作成メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。